千葉大学大学院医学研究院

未来医療研究人材養成拠点形成事業 未来医療を担う治療学CHIBA人材養成

メッセージ CIPTとは 学生支援体制 イノベーター事業例 大学院入試制度 研究室一覧紹介
ムービーを見る
TOP > CIPTとは > 教育プログラム・コースの概要
研究室一覧紹介

お問合せ

千葉大学大学院医学研究院・医学部

千葉大学医学部附属病院
CIPTとは : プログラム紹介 : 教育プログラム・コースの概要



養成すべき人物像

千葉大学医学部の100年以上にわたる臨床医学の伝統と、21世紀COEプログラムやグローバルCOEプログラムで築き上げてきた新しい「治療学」の視点をもつ。さらに双方を踏まえたうえで、新規の治療法や治療薬を開発するトランスレーショナルリサーチや臨床研究などの「医療イノベーション」を理解する。また幅広い視点をもって協調力やコーディネート力などの人間力をもって、治療学イノベーションを多角的かつ強力に推進できる人材。

修了要件・履修方法

医学部3年生は必修のトランスレーショナル先端治療学とイノベーション医学を受講し、選抜されイノベーション基礎力育成クラスを選択する学生は 英語プレゼン・ディベート(初級)演習を受講すること。大学院生は下記の科目を受講すること。

医学部生 <必修科目> トランスレーショナル先端治療学
イノベーション医学
<選択科目> 英語プレゼン・ディベート(初級)演習
創薬イノベーションインターンシップ(実習)
修士課程
大学院生
<必修科目> トランスレーショナル先端治療学(応用)
イノベーション医学(応用)
英語プレゼン・ディベート(中級)演習
<選択科目> 創薬イノベーションインターンシップ(実習)
博士課程
大学院生
<必修科目> トランスレーショナル先端治療学(応用)
イノベーション医学(応用)
英語プレゼン・ディベート(中級)演習
英語プレゼン・ディベート(上級)演習
イノベーション治療学演習
イノベーション治療学実習


教育内容の特色等(新規性・独創性等)

全く新しい教育システムを導入し、千葉大独自の基礎医学と臨床医学を統合した治療学研究推進体制の上で実施する。
医学部内外の学生が互いに切磋琢磨し協調力やコーディネート力を育み、臨床医学教育前にイノベーションマインドを養い、メディカル工学の教員とし製薬企業所属客員教員による講義や、国内外製薬企業での実習など実践的な新しい科目を組織する。

指導体制

教育カリキュラム委員会と科目担当教員、クラス担任が連携して指導し、大学院生には1名の学生に3名のメンターがつき、きめ細かな指導にあたる。

受入開始時期

平成26年4月

受入目標人数


対象者 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
学部生 120 130 140 140 530
大学院生 30 60 80 100 270
150 190 220 240 800


履修者


対象者 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
学部生 120 139 142    
大学院生 12 18 28    
132 157 170     


〒260-8670 千葉市中央区 亥鼻 1丁目8-1 TEL/043-226-2825
Copyright (C) 2013 千葉大学大学院医学研究院・医学部 All rights reserved.
研究室一覧紹介